ブログを収益化するためのアフィリエイト広告とは

ブログ収益

ブログで収益を増やすには、アフィリエイト広告を掲載することが常識です。アフィリエイト広告にはクリック型と成果報酬型の2種類があります。結局のところ、ブログにどのような広告を掲載すればよいのか考察し、検証していきたいと思います。

ブログを収益化するためのアフィリエイト広告

クリック型

クリック型とは分かりやすいところで言えばGoogleアドセンスのことです。クリック単価というものが設定されており、1クリックあたり1円~100円程度の収入を得ることができます。Googleアドセンスの場合は、自動掲載の機能があり、広告を掲載する位置などすべてGoogle側にお任せすることが可能です。そのため初心者でも簡単に収益を得ることができます。

クリック型の難しいところは、クリックあたりの単価が低いところです。1クリックあたり1円だとすると、1000回クリックしても1000円の収益にしかなりません。また、クリック率も1%前後となりますので、1ヶ月で100万以上のアクセス数が見込めるサイトでないと、稼ぐことが難しいと言われています。

成果報酬型

成果報酬型はA8ネットなどのアフィリエイト広告のASPと契約して、企業の広告を掲載する形態です。掲載した広告経由で購入されると、成果報酬として収益を得られる仕組みです。例えば、カード会社やプログラミングスクールなどの広告は成果報酬額が5000円~10000円ほどに設定されている場合が多く、1件の成果を発生するだけで大きく稼ぐことが可能です。そのため、アクセス数が少ないサイトでも、それなりに稼ぐことができると言われています。

しかし、報酬額が高い広告ほどハードルが高く、ユーザーから見て信頼性の低いブログでは、成果に結びつく可能性が低い傾向にあります。クリック型が初心者向きであることに対して、成果報酬型はブログ中級者向けの広告だと言うことができます。

独自コンテンツ型

アフィリエイトではなく、自分のコンテンツを紹介する独自コンテンツについても紹介します。独自コンテンツとは、noteやココナラなどで販売するノウハウやサービスのことです。自分のコンテンツを持っている人であれば、ブログを使ってコンテンツを販売する方法が効率的な稼ぎ方だと言えます。

まとめ

今回は、3タイプのブログ広告について説明しました。ブログ初心者または、月間100万PV以上のブログはクリック型。ブログ中級者は成果報酬型。独自のコンテンツを持っている方は、コンテンツ販売を目的としたブログ運営を行うのがベストだと思います。

当ブログの進め方

当ブログでは、クリック型の広告を中心に収益化を図りたいと思います。ある適度の記事数を作成したら、成果報酬型のアフィリエイト広告も掲載を検討していきたいと思います。具体的な掲載方法や成果については、当ブログで随時ご報告する予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました