【ノウハウ】特化ブログの収益用記事と集客用記事の使い方を解説

ブログ収益

今回は、特化ブログの書き方について学んだことをアウトプットしたいと思います。特化ブログとは、特定のジャンルに絞って記事を作成するブログのことで、成果報酬型のアフィリエイトと相性が良いとされています。特化ブログの成果報酬型では、収益用記事と集客用記事に分けて作成すると効果が高いということを解説します。

特化ブログの収益用と集客用の記事を解説

特化ブログとは

まず、特化ブログとは何かということについて書きたいと思います。特化ブログは、その名の通り特定のジャンルに特化したブログです。例えば当ブログは、ブログの収益アップをするための情報提供や検証に特化したブログになっております。特化ブログのジャンルも様々で、転職や就職、クレジットカード、体の悩みなど、ジャンルを固定して記事を書きます。

特化ブログは成果報酬型のアフィリエイトと相性が良いと言われております。専門性の高い記事であれば、検索ボリュームが少ないキーワードで作成した記事であっても、記事の内容とマッチした悩みや問題を持つユーザーからのアクセスが見込めるからです。ただし、成約に結びつけるためには、訪問したユーザーにとって問題解決となる、有益な情報が存在していることが必要です。

ブログ収益用記事の特徴

ブログ収益用記事の特徴は下記の通りです。

・記事からアフィリエイトリンクへ誘導する
・成果報酬型の成約に結びつくような記事を書く
・集客用記事から収益用記事に誘導する

ブログ収益用記事は、集客についてはあまり考慮せず、掲載したアフィリエイト広告の成果を出す目的で作成します。アフィリエイトの成約に繋げるため、ユーザーの悩みを解決するための記事を書き、解決方法としてアフィリエイトの商品をお勧めするような記事構成が良いです。最近では、単純にアフィリエイト広告を掲載しただけでは、成果につながらないため、ユーザーにとって役立つ記事を書くことが重要となります。

ブログ集客用記事の特徴

集客用記事の特徴は以下の通りです。

・検索エンジンからの集客を目的とする
・1つの収益用記事に、複数の集客用記事で誘導する
・内部リンクで収益用記事に誘導する

集客用記事は、その名の通り検索エンジンからの集客に特化した記事を作成します。ロングテールキーワードなどで複数の記事を作成し、収益用記事に内部リンクで誘導する構造です。ユーザーの悩みや不安について、集客用ページで問題提起を行い、内部リンクの収益用記事で悩みを解決するような構造にすると良いとされています。

まとめ

特化ブログでは、収益用記事と集客用記事で構成すると成約型アフィリエイト広告の成果に繋がりやすくなります。ただし、ユーザーにとって有益な記事であることが大前提です。具体的には下記のような方法で、収益用記事と集客用記事で構成します。

まずは、競合サイトに勝てそうな、検索ボリュームの少ないキーワードで集客用記事を量産し、内部リンクで特定の収益用記事に誘導します。収益用記事は、ユーザーの問題を解決する方法として、アフィリエイトの商品を紹介します。収益用記事は、検索ボリュームの大きいキーワードで作成します。集客用記事からの内部リンクを増やすことで、検索エンジンの評価を上げて、検索エンジン経由のアクセスも狙います。

以上となります。

当ブログでの計画について

当ブログも最終的には特化型ブログにする予定です。まだ3記事のため、集客用記事と収益用記事を作成しましたら、こちらの記事でも実例として掲載したいと思っております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました