【カメラレビュー】Nikon D6をプロがレビュー

カメラレビュー
2020年6月5日に発売されました、ニコンフラッグシップ機のNikon D6をブライダルカメラマンの観点でレビューします。 この記事を読んで頂くと、結婚式撮影におけるプロカメラマンの評価結果を知ることができます。

Nikon D6をプロがレビュー

基本的な機能

本レビューにおける特筆すべき点は下記の通りです。

・有効画素数 2082万画素
バランスの取れた画素数だと考えます。結婚式撮影においては、スナップで写真を撮ることが多く、 ポスターサイズなど大きく引き伸ばす用途が少ないので、2000万画素で十分です。 なお、3000万画素以上あるカメラだと、1枚あたりのデータサイズが大きくなりますので、 写真の編集やデータ保存の処理などで時間がかかります。

・ISO感度 ISO 100~102400
結婚式撮影においては、室内かつ照明が暗いシーンも多々あるため、常用感度は高ければ高い方が良いです。 常用で、ISO6400くらいまで使用できるとありがたいですが、Nikon D6はISO感度102400まで使用できます。 さすがはNikonのフラッグシップ機と言えます。

・高速連続撮影 約14コマ/秒
連続撮影の性能がものすごく良いです。結婚式の撮影においては、連続撮影するシーンは多くないので持て余します。 結婚式撮影以外に、スポーツなどの動体写真を撮影する用途がある場合は、連続撮影機能を使うことも多くなると思います。

・高密度105点AFシステム
AF(オートフォーカス機能)も優秀です。こちらも動体撮影などに有効な機能になるため、 結婚式撮影においては、あまり評価ポイントは高くありません。

・画像処理エンジンEXPEED 6
画像処理エンジンは最新バージョンが搭載されており、写真の解像度が高くなります。 高画質の写真をお客様に納品できるため、結婚式撮影でも非常に役に立ちます。

・その他
Nikon D6の詳しい製品情報については、下記Amazonの商品ページよりご確認ください。

Nikon D6のAmazon商品ページ

Nikon D6の良い点

Nikon D6の結婚式撮影における良い点は、とにかく画質が優れている点です。 結婚式は暗い場所で撮影するシーンも多いですが、高感度に優れていて、画像処理エンジンも最新であり、 かなりの高画質の写真を撮ることができるはずです。 Nikonのフラッグシップ機でもあり、カメラの堅牢性も抜群に高いので、 10年以上と長く使い続けることができるカメラだと言えます。

Nikon D6の悪い点

性能面で悪い点はありません。結婚式撮影においては、フットワークが大事になりますので、 ボディの重量はマイナス要素と言えます。あとはボディそのものが高価なので、 ブライダル撮影の為だけに購入するのはコストパフォーマンスが低いのではないかと思います。

Nikon D6レビューまとめ

D6は、Nikonデジタル一眼レフカメラのフラッグシップ機に相応のスペックです。 性能や画質は最高水準だと考えます。ブライダル撮影で使用するには、 若干持て余すところもあり、金額も高価になるので、金銭面で余裕のあるカメラマンにお奨めです。 個人的にはブライダル撮影はミドルクラスの一眼レフカメラが、性能、金額的にベストだと考えています。

Nikon D6の価格をAmazonで確認する
タイトルとURLをコピーしました