【結婚式】フォトグラファー持ち込みと会場専属のメリット、デメリット

撮影ノウハウ

結婚式でアルバムやフォトグラファーを手配する際に、持ち込みか会場専属かで迷う方がいるかと思います。私は、結婚式会場専属のフォトグラファーですが、公平な目線でメリットとデメリットを書いていきます。

持ち込みフォトグラファーのメリット

・フォトグラファーを指名できる
持ち込みフォトグラファーのメリットとしては、自身でフォトグラファーを指名できる点が挙げられます。会場専属のフォトグラファーは、指名できない場合があるからです。また、指名したフォトグラファーの作品も見ることができますので、挙式後に出来上がった写真を見ても、想像と大きくかけ離れることは無いでしょう。

・事前に打ち合わせができる
持ち込みフォトグラファーの場合に、挙式前に担当フォトグラファーと直接打ち合わせをする機会があります。直接、撮影の要望を伝えられるので、挙式前の撮影に関する不安も軽減されるはずです。

持ち込みフォトグラファーのデメリット

・会場側で持ち込みNGの場合がある
結婚式会場では、持ち込みフォトグラファーを許可していない場合があります。また、挙式は禁止で、披露宴のみOKという条件があったりと様々です。

・実力の見極めが難しい
持ち込みフォトグラファーの場合、作品を見ることができる利点はありますが、色々な会場で撮影した中のベストショットであり、実力の見極めが難しいです。

会場専属フォトグラファーのメリット

・会場内の撮影ポイントを押さえている
会場専属フォトグラファーは、担当会場で毎週撮影をしているので、撮影のポイントを押さえています。また、会場に要望が多いカットも情報共有されているので、安定した撮影を期待することができます。

・品質が保証されている
会場で専属になるということは、言い換えると、会場からも、ある程度の品質が保証されているということでもあります。

会場専属フォトグラファーのデメリット

・フォトグラファーを選べない
会場専属のフォトグラファーは、当時まで誰が担当になるか分からないことが多いです。キャリアや実力もピンキリなので、当たり外れがあり得ます。

・値段が高い
会場専属のフォトグラファーは、結婚式会場経由で仕事をしているので、撮影やアルバムの料金が高くなる傾向があります。

まとめ

持ち込みフォトグラファー、会場専属フォトグラファーそれぞれにメリットとデメリットがあります。フォトグラファーの作品を見たうえで撮影依頼をするなら持ち込みフォトグラファーを。安定性を重視するなら、会場専属のフォトグラファーを選択すると良いのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました