フォトグラファーになるには

フォトグラファーになるには。をテーマにした現役フォトグラファーのブログです。

撮影ノウハウ

ふんわりした感じのポートレート写真を簡単に撮る方法

投稿日:

今回は、簡単にふんわりした雰囲気の写真を撮る方法をご紹介します。この方法は、写真撮影時に2つの要素を合わせるだけなので、カメラ初心者の方でも簡単にできるようになります。




1.ふんわりした写真の条件とは

ふんわりした雰囲気の写真は、「逆光」かつ「背景がボケた状態」で再現することができます。もちろん、違うパターンもありますが、ふんわりした感じの写真は、逆光という条件下で撮影されたものが多いです。

2.逆光の撮り方

ポートレート撮影における逆光とは、モデルを正面に見たときに、モデルよりも後ろの位置に太陽がある状態のことです。逆光撮影は、背景とモデルの明暗差が大きくなるので、露出をオートに設定すると、モデルの顔が暗くなってしまいがちです。カメラは人物ではなく、背景(明るい方)に露出を合わせるからです。オート設定にする場合は、露出補正をプラスに設定して調整しましょう。露出をマニュアルにする場合は、モデルの顔に露出を合わせましょう。

3.背景ボケの撮り方

背景ボケは、望遠レンズや単焦点レンズで手軽に撮影することができます。レンズの焦点距離にもよりますが、絞りをF4以下に設定すると、ボケの効果を強調することができます。また、モデルと背景の距離を大きくすることも有効です。しかし、絞りを浅くしすぎると、ピントを合わせた部分しかフォーカスされなくなる場合があります。ポートレート撮影においては、何パターンか絞りの設定を試して、自分のイメージに合ったボケをかたで撮影できるようにしましょう。

4.まとめ

ふんわりした写真は、逆光と背景ボケを組み合わせるだけで簡単にできます。そのほかのポイントとしては、夕方の時間で、夕陽を背にして撮影するとドラマチックな雰囲気になります。また、露出をオーバー気味にすると、ふんわりした感じが増しますので、試してみてください。

-撮影ノウハウ

執筆者:

関連記事

【結婚式】フォトグラファー持ち込みと会場専属のメリット、デメリット

結婚式でアルバムやフォトグラファーを手配する際に、持ち込みか会場専属かで迷う方がいるかと思います。私は、結婚式会場専属のフォトグラファーですが、公平な目線でメリットとデメリットを書いていきます。 目次 …

結婚式撮影で知っておきたい披露宴の進行

私は、フォトグラファーとして結婚披露宴の撮影をすることが多いです。いろいろな会場で撮影していますが、披露宴の進行は、どこでも同じような流れです。この記事では、披露宴のオーソドックスな進行を説明します。 …

未経験からフォトグラファーになる方法

カメラ女子やインスタ映えなどのブームから、フォトグラファーを目指す人が増えています。この記事では、未経験からフォトグラファーになって稼ぐ為の第一歩を解説します。 目次フォトグラファーになるには?写真の …

【初心者向け】ポートレート用の単焦点レンズ選びとズームレンズとの違い

一眼レフカメラやミラーレス一眼で、単焦点レンズを初めて購入しようと検討している方向けの記事です。 さて本題ですが、単焦点レンズには、いろいろな画角のものがあります。ポートレート撮影には、焦点距離が50 …

【初心者向け】一眼レフカメラの選び方を解説

プロカメラマンという仕事をしていると、知人から下記のような相談を受けることが多々あります。 どのメーカーが良いか分からない 一眼レフカメラを選ぶ基準を知りたい ミラーレスと一眼レフどちらが良いか 上記 …