フォトグラファーになるには

フォトグラファーになるには。をテーマにした現役フォトグラファーのブログです。

フォトグラファーになるには

有名フォトグラファーのアシスタントになる方法

投稿日:

今回は有名なフォトグラファーのアシスタントになる方法について話します。




有名フォトグラファーのアシスタントになる方法

代表的な2つのルート

フォトグラファーを目指す方の中には、有名なフォトグラファーのアシスタントになりたいと思う方もいると思います。有名フォトグラファーのアシスタントになる方法として、代表的なパターンが2通りあります。

・雑誌の求人に応募する
・スタジオアシスタントになり直接アピール

今回はそれぞれのパターンについて説明したいと思います。

雑誌の求人に応募する

玄光社が発行している月刊誌「コマーシャルフォト」はご存知でしょうか。プロフォトグラファーで知らない人はいない有名な雑誌です。この雑誌は、求人募集欄があり有名フォトグラファーが求人を募集することが多いのも有名です。雑誌そのものは、広告写真向けなのですが、オールジャンル撮影する人やグラビア専門のフォトグラファーが求人募集しているのも見たことがあります。

もちろん有名な方には、応募が殺到しますので、必ずしも採用されるとは限らりません。ただし、どのようなフォトグラファーが募集をかけるのか毎月チェックしてみるのも良いと思います。

⇒COMMERCIAL PHOTO (コマーシャル・フォト)をAmazonで確認する

スタジオアシスタントになり直接アピール

スタジオマンとは撮影スタジオで働くスタッフのことです。全国に撮影スタジオは多々ありますが、有名なフォトグラファーが使用するスタジオは限られていたりします。自分の働くスタジオをよく使用するフォトグラファーに売り込んで、アシスタントにしてもらうという方法も王道ルートと言えます。

雑誌の求人にいきなり応募するよりも、素性や実力を知られているのでアシスタントとして採用される可能性が高いです。前提として、自分の好きなフォトグラファーが使用しているスタジオを知っていないといけませんが。ただ、本当に有名なフォトグラファーのアシスタントを狙っている人は、どのスタジオをよく使っているかなど事前に調べています。それくらいの熱意は最低限必要だと考えます。

アシスタントの条件

求人募集欄を見るとわかりますが、下記2点は必要になることが多いです。

・スタジオ経験
・要普通免許

スタジオ経験は「大型ストロボでのライティングができる」、または「スタジオマンに指示できる」という技術を期待しています。また普通免許についてですが、ロケ撮影などは基本的に車で移動するので、運転を代行したり車庫入れしたりできるかどうかという点で必要としています。他にもブック(作品集)も必要で、募集要項に書いてなくてもアピール材料として必要になります。

アシスタントのメリット

有名フォトグラファーのアシスタントは狭き門ですが、メリットもたくさんあります。しかし、大事なのは有名フォトグラファーのアシスタントになることで何を得たいかです。単純な憧れだけではアシスタントになることは難しいと思いますが、アシスタントを経験した先にどうなっていたいのかというビジョンを持っていないと、無駄な時間を過ごすことになります。

まとめ

有名フォトグラファーのアシスタントは狭き門です。また、給料もあまり期待できないです。アシスタントを経験しなくてもプロフォトグラファーになることはできます。アシスタントになるのであれば、その経験で何を得たいのか目的を明確にすることが大事です。

-フォトグラファーになるには

執筆者:

関連記事

写真学校に入学するメリット

今回は写真学校に入学するメリットについて話します 目次写真学校に入学するメリット写真学校とは写真学校のメリット写真の技術が向上する写真仲間が増える学校専用の求人を紹介してもらえるまとめ 写真学校に入学 …

フリーランスフォトグラファーの年収はいくら?

今回はフリーランスフォトグラファーの年収について話します。 目次フリーランスフォトグラファーの年収はいくら?フリーランスフォトグラファーの平均年収年収400万円を稼ぐには単価の高い仕事とは撮影以外の収 …