フォトグラファーになるには

フォトグラファーになるには。をテーマにした現役フォトグラファーのブログです。

フォトグラファーになるには

写真学校に入学するメリット

投稿日:

今回は写真学校に入学するメリットについて話します




写真学校に入学するメリット

写真学校とは

まず、写真の学校について定義を明確にしておきたいと思います。この記事でいう写真学校とは写真に関する学科のある大学や専門学校のことを指します。社会人向けの写真スクールやワークショップとは異なります。

写真学校のメリット

写真学校のメリットについて考えてみます。

・写真の技術が向上する
・写真仲間が増える
・学校専用の求人を紹介してもらえる

上記のように、写真学校に通うことで色々なメリットがあります。それぞれのメリットについて説明していきます。

写真の技術が向上する

写真の学校は2年~4年という長期間になりますので、座学の知識から現像、撮影まで幅広く学ぶことができます。すべての知識が仕事で使える分けではありませんが、それは写真に限らずどこの学校でも言えることです。写真の基礎知識は将来的に大きな財産になると言えます。

写真仲間が増える

学校には写真好きの仲間、同じ志を持った仲間がたくさんいます。また、将来的に横のつながりをもつことで、相互に仕事を紹介し合うことができるかもしれません。人脈も知識と同じくらい財産になりますので、卒業後も付き合える仲間を可能な限り増やすと良いです。

学校専用の求人を紹介してもらえる

写真の学校には、プロフォトグラファーになって活躍してる卒業生からの求人が多々あります。また就職に関しても、卒業生が入社している会社は実績があるため入りやすいことがあります。私が思う写真学校の1番のメリットは、これらの学校専用の求人を得られることだと考えます。例えば正社員フォトグラファーを目指す場合、新卒のほうが入りやすい会社もあります。卒業生の就職先を見れば、どこの会社に就職できる可能性があるのかの指標にもなります。もちろん、正社員の求人が全てではありませんが、将来の仕事先の選択肢が増えることは写真学校に通うメリットと言えると思います。

まとめ

写真学校のメリットは人脈や学校専用の求人を得ることができることだと考えます。学校を卒業することがゴールではありませんので、卒業の先に自分自身が進みたい道があるのかどうかが、写真学校に入るかどうかの判断基準になるのではないかと思います。実際に、写真の学校を卒業しなくてもプロのフォトグラファーになることが可能だからです。よって、高校卒業後は写真学校に入るという選択は良いと思いますが、社会人を経て入学するメリットは少ないと考えます。

-フォトグラファーになるには

執筆者:

関連記事

フリーランスフォトグラファーの年収はいくら?

今回はフリーランスフォトグラファーの年収について話します。 目次フリーランスフォトグラファーの年収はいくら?フリーランスフォトグラファーの平均年収年収400万円を稼ぐには単価の高い仕事とは撮影以外の収 …

有名フォトグラファーのアシスタントになる方法

今回は有名なフォトグラファーのアシスタントになる方法について話します。 目次有名フォトグラファーのアシスタントになる方法代表的な2つのルート雑誌の求人に応募するスタジオアシスタントになり直接アピールア …