フォトグラファーになるには

フォトグラファーになるには。をテーマにした現役フォトグラファーのブログです。

フォトグラファーになるには

フリーランスフォトグラファーの年収はいくら?

投稿日:

今回はフリーランスフォトグラファーの年収について話します。




フリーランスフォトグラファーの年収はいくら?

フリーランスフォトグラファーの平均年収

フリーランスフォトグラファーの平均年収は、WEBなどで統計資料などを探しても出てきません。過去に写真専門誌が行った統計やWEBサイトで調べた情報を集めると、400万円~500万円ではないかと推測します。実際には1000万円以上稼ぐ方もいますが、500万円稼ぐことができれば良いほうでは無いかと思います。また、撮影するジャンルによっても1件あたりの単価が変わるので、撮影対象によっても年収が変わってくると思います。

年収400万円を稼ぐには

実際にフォトグラファーとして年収400万円を稼ぐには、毎月33万円ほど稼ぐ必要があります。言い換えると1件あたり3万円の仕事を、1か月で11件こなす必要があります。これからフリーランスフォトグラファーを目指す方は、1件あたり3万円の仕事がどれくらいあるのかを調べてみてください。また、1件あたり3万円以上の仕事を、1か月にどれくらい確保できそうか試算してみてください。駆け出しでは年収400万円が難しいことが理解できるかと思います。

単価の高い仕事とは

フォトグラファーにとって単価の高い仕事の代表は広告写真です。広告写真は屋外での撮影もありますが、スタジオ撮影の技術が必須です。逆に言うと、スタジオ撮影の技術があれば、高単価の仕事ができる可能性も広がります。広告撮影は1件あたり数万円~数十万円と高単価の案件もあります。もちろん仕事を受ける為にはそれなりの実績や技術が必要となります。 あとは、ブライダルや七五三撮影なども期間限定で稼げるジャンルです。ブライダルフォトグラファーは専属契約だと3万円程度ですが、繁忙期限定でヘルプ要因として仕事を受ける場合は、1件で5万円~10万円ほどもらえることもあります。他には、七五三撮影も同様で、単価は1万円でも、土日で15組くらい撮影して15万円稼ぐフォトグラファーも存在します。

撮影以外の収入源

稼いでいるフリーランスフォトグラファーは、撮影以外の収入がある人もいます。トップの広告フォトグラファーもスチールだけでなく、動画などの映像も撮る方が多いです。下記はよくある撮影以外の収入源です。

・ライター
・写真学校講師
・写真教室開催
・ストックフォト

上記の他にも撮影スタジオを経営したり、写真集を出版する方などもいます。

まとめ

WEBなどの情報から推測すると、フォトグラファー全体の平均年収は400万~500万程度と考えます。撮影料だけで400万円を稼ぐのも駆け出しだと結構大変です。フォトグラファーとしてのキャリアが浅いうちは、期間限定で儲かる仕事を探したり、撮影以外の収入源を得る方法を模索することが現実的ではないかと思います。

-フォトグラファーになるには

執筆者:

関連記事

写真学校に入学するメリット

今回は写真学校に入学するメリットについて話します 目次写真学校に入学するメリット写真学校とは写真学校のメリット写真の技術が向上する写真仲間が増える学校専用の求人を紹介してもらえるまとめ 写真学校に入学 …

有名フォトグラファーのアシスタントになる方法

今回は有名なフォトグラファーのアシスタントになる方法について話します。 目次有名フォトグラファーのアシスタントになる方法代表的な2つのルート雑誌の求人に応募するスタジオアシスタントになり直接アピールア …