フォトグラファーになるには

フォトグラファーになるには。をテーマにした現役フォトグラファーのブログです。

カメラレビュー

【カメラレビュー】Nikon Dfをプロがレビュー

投稿日:2020年3月19日 更新日:

今回はNikonのデジタルー眼レフカメラDfをレビューします。2013年に発売されてからロングセラーのカメラとなっております。




Nikon Dfの特徴

2018年現在では、スペックが現行よりも見劣りする部分もありますが、それでも人気が高い秘訣をDfの特徴をレビューしながら探っていきたいと思います。

FXフォーマットを採用

Nikon DfはFXフォーマットのため、フルサイズの一眼レフカメラとなります。DXフォーマットと比較して、高い解像度が期待できます。

有効画素数1625万画素

画素数については、1625万画素となっており、大きく引き伸ばす用途がなければ、問題のない数字だと考えています。2018年現在では高画素数のモデルが多数存在していますが、個人的には1500万画素~2500万画素くらいが使い勝手が良いと思っています。

ISO感度ISO 100-12800

ISO感度も、最近では25600以上の機種も増えていますが、12800あれば日常の撮影については全く問題ありません。街スナップやお散歩カメラとして使用するのであれば、夕方の撮影でも、ISO3200くらいまでしか使わないのではと思います。

高速連続撮影約5.5コマ/秒

高速連続撮影については、他の現行機種と比較しても標準的な数字だと言えます。

質量 約765g

ボディの重さは標準的で軽くは無いです。Nikon Dfのコンセプトを考えると、ある程度の重量感があるほうが良いのだと思います。

コンセプト要約

Nikon Dfのコンセプトは、精密機械の感触と高品位画質の「融合(fusion)」です。設定や露出を直接的にダイヤルでコントロール設定変更できる直感的な操作性かつ、ニコンデジタル一眼レフカメラFXフォーマット機で、低感度から超高感度まで高品位な画質を実現しています。

Nikon DfとD810を比較

Nikon Dfはニコンのデジタル一眼レフカメラの中でも、コンセプトが際立っているため、比較対象とするカメラの選定が難しいです。今回は、2018年12月時点で現行の中級機であるD810と比較してみたいと思います。

有効画素数

Nikon Df  ・・・1625万画素
Nikon D810 ・・・3635万画素

D810は画素数の大きさ特徴的なので、大きく差が開いています。Nikon D810の場合は、プロカメラマンが使うことも想定しており、画素数が大きくなっています。Nikon Dfに関しては、画素数が大きくないものの、画質は良いので必要な機能を最小限に絞っているのだと言えます。

ISO感度

Nikon Df  ・・・ISO 100~12800
Nikon D810 ・・・ISO 64~12800

ISO感度について、ほとんど同等となっています。特に高感度性能には差がないといえます。Nikon Dfが2013年に発売していることを考えると、画質にこだわって作成されていることが分かります。

オートフォーカス

Nikon Df  ・・・フォーカスポイント39点
Nikon D810 ・・・フォーカスポイント51点

フォーカスポイントは、D810よりも少ないものの39点は高機能です。趣味用途のカメラとして考えると、39点あれば性能的に十分だと言えます。

まとめ

Nikon Dfは発売から5年近く経過していますが、操作性のこだわりと、現行モデルと比較しても見劣りしないほどの高画質性能で、変わらぬ人気を維持しています。私が写真を始めた頃は、ニコンのNew FM2というマニュアルの一眼レフカメラを使っていましたが、フィルムのカメラで撮っていたころを思い出させてくれるようなビジュアルです。

撮影ジャンルにもよりますが、仕事で使用するには機能面で不便な点が多々あります。ただ、ニコン側の意図としては、仕事用ではなく純粋にカメラを楽しむ為に製作したモデルだと思います。贅沢なプライベート用カメラとして使ってこそ、Nikon Dfの価値を実感できるのだと言えるでしょう。

⇒Nikon Dfの価格をAmazonで確認する

-カメラレビュー

執筆者:

関連記事

【カメラレビュー】Canon EOS Kiss X9iをプロがレビュー

今回はキヤノンのエントリークラスの中で最上位の機種である、Canon EOS Kiss X9iをレビューします。EOS Kissシリーズの使い易さや、軽さはそのままで、画質や機能を大幅にグレードアップ …

【カメラレビュー】Nikon D7500をプロがレビュー

今回はニコンの中級機でDXフォーマットデジタル一眼レフカメラのD7500をレビューします。D500の高画質と高速性能を軽量・薄型ボディーに凝縮しているカメラとなります。ジャンルは限定されますが、プロカ …

【カメラレビュー】Canon EOS 1D X Mark IIをプロがレビュー

今回はキヤノンのフルサイズモデルのフラッグシップ機であるCanon EOS 1D X Mark IIをレビューします。EOS 1D X Mark IIは、広告、報道、スポーツなど多くのジャンルでプロカ …

【カメラレビュー】Nikon D3500をプロがレビュー

今回は、2018年9月28日発売のニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラD3500をレビューします。Nikonのエントリー機という位置づけで、初心者や女性の方も扱いやすい設計になっている一眼レフ …

【カメラレビュー】Canon EOS 80Dをプロがレビュー

今回はキヤノンのハイアマチュアモデルである、Canon EOS 80Dをレビューします。Canon EOS 80Dは、APS-Cセンサーの一眼レフカメラで、入門者から中級者まで満足できる設計となってい …