フォトグラファーになるには

フォトグラファーになるには。をテーマにした現役フォトグラファーのブログです。

カメラレビュー

【カメラレビュー】Nikon D7500をプロがレビュー

投稿日:2020年3月19日 更新日:

今回はニコンの中級機でDXフォーマットデジタル一眼レフカメラのD7500をレビューします。D500の高画質と高速性能を軽量・薄型ボディーに凝縮しているカメラとなります。ジャンルは限定されますが、プロカメラマンでも使用しているケースを見たことがあります。この記事では、D7500の特徴を見ながら、どのようなカメラなのかを分析してみたいと思います。




高性能画像処理エンジン EXPEED 5を採用

NIKON D7500が発売された2017年当時では最新の画像処理エンジン、EXPEED 5を採用しています。D500と同じ画像処理エンジンとなり、ノイズ低減や最高約8コマ/秒の高速連続撮影を実現します。

常用感度 ISO 100~51200

こちらもデジタル一眼レフカメラとして優秀です。暗い室内や、夜のスナップ写真でもノンストロボでの撮影ができます。また、高感度で撮影した写真も、それなりに綺麗な画質を実現します。また、暗い場所でもAF性能も高く、暗い場所で撮影する機会が多いカメラマンには良い機種だと言えます。

ニコンDXフォーマットCMOSセンサー

D7500は。ニコンDXフォーマットのフラッグシップモデルD500と同じ撮像素子を搭載しています。分かりやすく言うと、D500相当の画質を再現できるということです。

光学ローパスフィルターレス仕様

こちらも高画質を得るという点では重要な要素です。光学ローパスフィルターレスなので、高解像度を実現しています。画像処理エンジンやCMOSセンサーと同じく、画質や解像度の面で、かなり力を入れている機種ということを感じます。

NIKON D7500とD500を比較

それではDXフォーマットのフラッグシップ機であるニコンD500との違いを分析してみたいと思います。

総画素数

ニコンD7500 ・・・2088万画素
ニコンD500  ・・・2088万画素

総画素数は全く同じです。画像処理エンジンなどが同じように、画素数も同じなので、画質の面では、D500と比べても遜色ないでしょう。画素数2088万画素というのも、ポスターやそれ以上大きなサイズに引き伸ばすような用途がなければ、十分だと思います。

ISO感度

ニコンD7500 ・・・ISO 100~51200
ニコンD500  ・・・ISO 100~51200

ISO感度も総画素数と同じように差がありません。

ダブルスロット

ニコンD7500 ・・・なし
ニコンD500  ・・・あり

ここが大きなポイントです。プロカメラマンが仕事で使うには、ダブルスロットは必須と言っても過言ではありません。D7500はプロ用というよりは、アマチュア向けのモデルであることが分かります。頻繁にカメラを使う方は経験があるかもしれませんが、撮影中にメモリーカードが不具合を起こし、最悪データが消えてしまうことがあります。ダブルスロットでメモリーカードを2枚同時に使用していれば、片方のデータが消えてしまっても、最悪の事態は免れます、

オートフォーカス

ニコンD7500 ・・・フォーカスポイント51点
ニコンD500  ・・・フォーカスポイント153点

D7500のフォーカスポイント51点は優秀な部類だと評価しますが、D500の153点が際立っています。DXフォーマットのフラッグシップ機との違いを大きく感じる差となっています。フォーカスポイントが51点もあるので、スポーツや動物など動く被写体にも強い機種だと言えます。

プロカメラマンの視点

D7500は、D500と比較すると画質は同等ですが、機能面では大きな差があると言えます。カメラボディの堅牢性であったり、フォーカスポイントであったり、D7500は趣味で使用するのに適しているカメラだと思います。ただD7500は、ホワイトバランスをケルビンで設定できたり、入門機には無いような機能も搭載されているので、ワンランク上の撮影を目指すのであれば、いろいろと楽しめるカメラだと思いました。

⇒ニコンD7500の価格をamazonで確認する

-カメラレビュー

執筆者:

関連記事

【カメラレビュー】Canon EOS 9000Dをプロがレビュー

今回はキヤノンのエントリーモデルであるCanon EOS 9000Dについてレビューします。Canon EOS 9000Dは、APS-CサイズのCMOSセンサーを搭載したモデルとなります。エントリーモ …

【カメラレビュー】Nikon D850をプロがレビュー

ニコンD850はプロカメラマンから評価の高いデジタル一眼レフカメラです。なぜD850がプロカメラマンに選ばれるのか考察していきます。 目次1.有効画素数4575万画素2.ISO感度が64-256003 …

【カメラレビュー】Nikon D810Aをプロがレビュー

今回は、Nikon D810Aについてレビューします。Nikon D810Aは、ニコンFXフォーマットの中級者向けの機種であるD810の画質はそのままに、天体撮影専用として設計されたモデルとなります。 …

【カメラレビュー】Nikon Dfをプロがレビュー

今回はNikonのデジタルー眼レフカメラDfをレビューします。2013年に発売されてからロングセラーのカメラとなっております。 目次Nikon Dfの特徴FXフォーマットを採用有効画素数1625万画素 …

【カメラレビュー】Canon EOS Kiss X9をプロがレビュー

今回はキヤノンのエントリークラスであるCanon EOS Kiss X9をレビューします。上位機種のX9iと同じように、EOS Kissシリーズの使い易さや、軽さはそのままで、画質や機能を大幅にグレー …