フォトグラファーになるには

フォトグラファーになるには。をテーマにした現役フォトグラファーのブログです。

カメラレビュー

【カメラレビュー】Nikon D780をプロがレビュー

投稿日:

2020年1月24日に発売されたニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラD780をレビューします。

■D780基本性能
・有効画素数 :2450万画素
・ISO感度 :ISO 100-51200
・高速連続撮影:約7コマ/秒
・質量 :約840g




Nikon D780をプロがレビュー

1.51点AFシステム

NikonD780の51点AFシステムは、フラッグシップ機のD5と同等のAFアルゴリズムを採用しています。D750から51点AFシステムが強化されています。画像処理エンジンEXPEED 6の高い処理能力とフラッグシップD5のAFアルゴリズムを最適化し採用されています。オートエリアAFの被写体検出性能の向上により、より確実にフォーカスポイントに捉え、正確なピント合わせが可能となりました。

2.フォーカスエイド

フォーカスエイドは、マニュアルフォーカス時に、ファインダー内および画像モニター内のピント表示の点灯で合焦を知らせる機能です。こちらはシビアなピントが要求されるプロの現場で重宝します。暗い場所や遠くの被写体にピントを合わせるときに、肉眼だけだと確認が難しい場合がありますがの、フォーカスエイドを利用することで緩和されます。

3.シャッタースピード1/8000秒~900秒

シャッタースピード幅はD780の大きな大きな特長と言えます。ポートレートや風景や天体などの撮影等、幅広いジャンルの撮影で多彩な表現を行うことが可能になります。こちらもフォーカスエイドと同様に、プロの撮影現場で重宝される機能です。

4.約7コマ/秒の高速連続撮影

光学ファインダーで被写体をリアルタイムに確認しながら、最高約7コマ/秒という高速連続撮影が可能になりました。スポーツや動物などの動体を撮影する時に重宝します。

5.常用感度ISO 51200

NikonD780は、常用感度ISO 51200としており、高感度撮影においてもノイズを抑制した高解像度の撮影を実現します。暗い室内でのイベントやブライダル撮影などで効果的な高感度撮影ができます。

6.まとめ

NikonD780の性能はプロフォトグラファーを十分に満足させる水準だと言えます。特にAFや高速連続撮影の機能が強化されているので、動物やスポーツフォトを専門に撮る方は使い勝手が良いでしょう。また、シャッタースピード1/8000秒は、屋外ポートレート撮影で絞り開放で撮影する際に重宝します。ポートレート撮影専門とする方もプロアマ問わず、納得できる1台だと言えます。

⇒Nikon D780の価格をAmazonで確認する

-カメラレビュー

執筆者:

関連記事

【カメラレビュー】Canon EOS Kiss X9をプロがレビュー

今回はキヤノンのエントリークラスであるCanon EOS Kiss X9をレビューします。上位機種のX9iと同じように、EOS Kissシリーズの使い易さや、軽さはそのままで、画質や機能を大幅にグレー …

【カメラレビュー】Canon EOS 80Dをプロがレビュー

今回はキヤノンのハイアマチュアモデルである、Canon EOS 80Dをレビューします。Canon EOS 80Dは、APS-Cセンサーの一眼レフカメラで、入門者から中級者まで満足できる設計となってい …

【カメラレビュー】Nikon D810Aをプロがレビュー

今回は、Nikon D810Aについてレビューします。Nikon D810Aは、ニコンFXフォーマットの中級者向けの機種であるD810の画質はそのままに、天体撮影専用として設計されたモデルとなります。 …

【カメラレビュー】Nikon D850をプロがレビュー

ニコンD850はプロカメラマンから評価の高いデジタル一眼レフカメラです。なぜD850がプロカメラマンに選ばれるのか考察していきます。 目次1.有効画素数4575万画素2.ISO感度が64-256003 …

【カメラレビュー】Canon EOS 7D Mark IIをプロがレビュー

今回はキヤノンのハイアマチュアモデルであるCanon EOS 7D Mark IIについてレビューします。Canon EOS 7D Mark IIは、APS-CサイズCMOSセンサーを搭載しているカメ …