【カメラレビュー】Nikon D780をプロがレビュー

カメラレビュー
2020年1月24日に発売されたニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラD780を、ブライダルカメラマンの視点でレビューします。 この記事を読んで頂くと、D780の結婚式撮影における評価を知ることができます。

Nikon D780をプロがレビュー

基本的な機能

・有効画素数:2450万画素
Nikon D780は、2450万画素です。結婚式撮影においては問題ありません。大きく引き伸ばす必要がなければ、カメラの設定で画像サイズを調整しても良いです。

・ISO感度:ISO 100~51200
常用感度は51200と高感度に強いです。結婚式撮影では高感度でも撮影が求められるシーンが多いため、ISO感度が51200まで使用できると便利です。

・質量:約840g
中級クラス以上のカメラとしては、比較的軽いのではないかと思います。結婚式撮影は、堅牢性よりも軽い方が長時間のスナップ撮影にも使いやすいです。

・51点AFシステム
NikonD780の51点AFシステムは、フラッグシップ機のD5と同等のAFアルゴリズムを採用しています。D750から51点AFシステムが強化されています。画像処理エンジンEXPEED 6の高い処理能力とフラッグシップD5のAFアルゴリズムを最適化し採用されています。オートエリアAFの被写体検出性能の向上により、より確実にフォーカスポイントに捉え、正確なピント合わせが可能となりました。 結婚式撮影においては、それほど意識して使うシーンは少ないです。

・フォーカスエイド
フォーカスエイドは、マニュアルフォーカス時に、ファインダー内および画像モニター内のピント表示の点灯で合焦を知らせる機能です。こちらはシビアなピントが要求されるプロの現場で重宝します。暗い場所や遠くの被写体にピントを合わせるときに、肉眼だけだと確認が難しい場合がありますがの、フォーカスエイドを利用することで緩和されます。

・シャッタースピード1/8000秒~900秒
シャッタースピード幅はD780の大きな大きな特長と言えます。ポートレートや風景や天体などの撮影等、幅広いジャンルの撮影で多彩な表現を行うことが可能になります。こちらもフォーカスエイドと同様に、プロの撮影現場で重宝される機能です。 結婚式においても、屋外撮影でレンズの開放値近くで撮影することもあるので、シャッタースピードの性能は十分です。

・約7コマ/秒の高速連続撮影
光学ファインダーで被写体をリアルタイムに確認しながら、最高約7コマ/秒という高速連続撮影が可能になりました。スポーツや動物などの動体を撮影する時に重宝します。 結婚式撮影で、ブーケトスなどは連射することがありますが、約7コマ/秒あれば十分です。

Nikon D780の良い点

結婚式撮影で使う一眼レフカメラとしては、とても優れています。実際にNikon D780を結婚式撮影で使用しているブライダルカメラマンも多いです。 重量が重すぎず、一日中スナップ撮影をしていても負担が大きくありません。また、高感度に強く、高画質の写真に仕上がるため、画像の面でも優れていると言えます。

Nikon D780の悪い点

結婚式撮影という面では、悪い点は見当たらないです。結婚式撮影以外で何を撮るのかによって、不足だと感じるものはあるかもしれません。

まとめ

NikonD780の性能は結婚式撮影にとても適しています。 また、結婚式だけではなく、プロフォトグラファーを十分に満足させる水準だと言えます。 特にAFや高速連続撮影の機能が強化されているので、動物やスポーツフォトを専門に撮る方は使い勝手が良いでしょう。 また、シャッタースピード1/8000秒は、屋外ポートレート撮影で絞り開放で撮影する際に重宝します。 ポートレート撮影専門とする方もプロアマ問わず、納得できる1台だと言えます。

⇒Nikon D780の価格をAmazonで確認する
タイトルとURLをコピーしました