フォトグラファーになるには

フォトグラファーになるには。をテーマにした現役フォトグラファーのブログです。

カメラレビュー

【カメラレビュー】Canon EOS 5Ds/5Ds Rをプロがレビュー

投稿日:2020年3月19日 更新日:

今回はキヤノンのハイアマチュアモデルであるCanon EOS 5Ds/5Ds Rをレビューします。EOS 5Ds/5Ds Rは、5060万画素という高画素が特徴的で、広告や風景写真などで大きく引き伸ばすような写真を撮影する際に重宝するカメラとなります。ハイアマチュアモデルですが、多くのプロカメラマンに愛用されているデジタル一眼レフカメラです。




Canon EOS 5Ds/5Ds Rをレビュー

それでは、Canon EOS 5Ds/5Ds Rをレビューしていきます。

Canon EOS 5Dsと5Ds Rの違いについて

Canon EOS 5Dsと5Ds Rの違いは、ローパスフィルターが有るか無いかです。Rが付いている方が、ローパスフィルター無しのモデルとなります。プロカメラマンの場合は、撮影ジャンルや何を重視するかによって、どちらにするかを選択します。

Canon EOS 5Ds/5Ds Rの基本性能

・有効画素数 5060万画素
・ISO感度 ISO100~6400
・高速連続撮影 約5コマ/秒
・フルサイズ
・画像処理エンジン デュアルDIGIC6
・質量 約930g
・測距点 61点
・液晶サイズ 3.0型

基本性能は、Canonの他のハイアマチュアモデルのカメラと比較しても、大きな差は無いという印象です。ただ、有効画素数を5060万画素に設計しているため、最高ISO感度と高速連続撮影のコマ数が、多少犠牲になっているように感じます。それでも、5060万画素という画素でありながら、最高ISO感度6400まで常用で使えるということは、このカメラの価値を高めていると言っても過言では無いでしょう。

フルサイズ5060万画素CMOSセンサー

Canon EOS 5Ds/5Ds Rは、自社開発・自社生産によって蓄積した半導体技術にて、新開発の35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載しました。5060万画素CMOSセンサーの設計により、5060万画素という高画素でありがら、最高の常用感度ISO6400まで使えるため、暗い場所での撮影においても、高画素かつ高い解像度の写真を撮影することが可能になりました。

映像エンジンはDIGIC 6を2基搭載

Canon EOS 5Ds/5Ds Rが搭載している映像エンジンは、DIGIC 6を2基搭載しています。この設計により、高速処理能力がカメラに備わり、有効約5060万画素の14bit の広階調デジタル信号に対して初期設定で「高感度撮影時のノイズ低減」「オートライティングオプティマイザ」「レンズ周辺光量補正」「レンズ色収差補正」を施し、高画質を実現します。

ミラー振動制御システム

カメラブレの中でも、最も大きな要因となっているミラーショックですが、Canon EOS 5Ds/5Ds Rでは、設計でミラーショックに対しての対策を行っています。具体的にはミラーのアップ/ダウンともモーターとカムギアによって駆動と速度制御を行う、独自のミラー振動制御システムを開発しました。画素数が大きくなると、ブレの影響も画像にダイレクトに表れます。ミラー振動制御システムによって、高画素撮影であっても、解像度の高い画像が期待できると言えます。

高強度ボディー

Canon EOS 5Ds/5Ds Rは、高強度でありながら軽量な設計となっています。また、電磁シールド効果や放熱性に優れたマグネシウム合金を上・前・後カバーに採用しています。振動・衝撃に耐える高い堅牢性を実現しています。

レビューまとめ

Canon EOS 5Ds/5Ds Rは、高画素モデルやローパスフィルターの有り無しでモデルを分けている通り、プロカメラマンの使用を想定した設計となっています。購入のポイントとしては、自身の撮影スタイルに5060万もの高画素が必要なのかという点がポイントになるかと思います。例えば、プリントはL版のみの方であれば、2000万画素でも十分ですし、画素数が増えると写真1枚のデータ容量も大きくなります。他のカメラと比較検討している場合は、ご自身が重要だと思う機能を優先して考えると、後悔しない結果になるのではないかと考えます。

⇒Canon EOS 5Dsの価格をAmazonで確認する

-カメラレビュー

執筆者:

関連記事

【カメラレビュー】Nikon D5をプロがレビュー

今回はNikonのデジタルー眼レフカメラで、FXフォーマットのフラッグシップモデルであるD5をレビューします。フラッグシップ機としてプロ、アマチュアを問わず使用されています。プロカメラマンの現場におい …

【カメラレビュー】Nikon D780をプロがレビュー

2020年1月24日に発売されたニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラD780をレビューします。 ■D780基本性能 ・有効画素数 :2450万画素 ・ISO感度 :ISO 100-51200 …

【カメラレビュー】ニコンZ7をプロがレビュー

今回はニコンのFXフォーマットミラーレスカメラで、話題のZ7をレビューします。まずは特徴からレビューしていきたいと思います。 目次有効画素数4575万画素の高画素モデルISO 64-25600493点 …

【カメラレビュー】Canon EOS Kiss X9をプロがレビュー

今回はキヤノンのエントリークラスであるCanon EOS Kiss X9をレビューします。上位機種のX9iと同じように、EOS Kissシリーズの使い易さや、軽さはそのままで、画質や機能を大幅にグレー …

【カメラレビュー】Nikon D810Aをプロがレビュー

今回は、Nikon D810Aについてレビューします。Nikon D810Aは、ニコンFXフォーマットの中級者向けの機種であるD810の画質はそのままに、天体撮影専用として設計されたモデルとなります。 …