フォトグラファーになるには

フォトグラファーになるには。をテーマにした現役フォトグラファーのブログです。

副業フォトグラファーへの道

【連載 5回目】副業フォトグラファーへの道「土日限定で出来る撮影の仕事」

投稿日:

今回は土日に限定した、副業フォトグラファーの撮影にどのようなものがあるのかについて広く浅く紹介します。

土日限定で出来る撮影の仕事

ブライダルフォト

結婚式場で挙式や披露宴のスナップ撮影をする仕事です。花嫁のメイクシーン、挙式、フラワーシャワー、披露宴、余興などを1日がかりで撮影します。結婚式の多くが土日に行われるので、平日会社員の方でも両立が可能な仕事です。春と秋は繁忙時期となり、全国的にブライダルフォトグラファーが不足しますので、未経験でも採用される可能性が高いです。求人サイトでは未経験者募集も良く見かけます。

学校写真

学校写真は、幼稚園や小中学校などの学校行事を撮影する仕事です。外注フォトグラファーを登録制にしていることが多く、土日だけ仕事を受けることも可能です。結婚式と同様に、春と秋が繁忙時期になる傾向があります。撮影は1人で行う場合あれば、複数名のチームで行うこともあります。子供が好きな方には特にお薦めです。学校行事専門の会社か、地域の写真館などが求人募集をすることが多いです。

出張フォトグラファー

最近、登録制の出張フォトグラファー求人が増えています。フォトグラファーとして登録をすると、カップル、マタニティ、ファミリー、七五三、前撮りなどの撮影を担当します。また、撮影地も各地域の公園、海、神社など様々な場所に派遣されます。単価は安めですが、副業で登録する人も多く、土日限定で働きやすい仕事だと言えます。

ストックフォト

ストックフォトは、PIXTAなどの大手ストックフォトサービスサイトに写真を登録販売し、売れたら報酬が入るという稼ぎ方です。近年ではプロフォトグラファーも参入して、写真のクオリティが上がっております。新規参入はハードルが高いので、ニッチでも売れそうなジャンルの写真を登録するなど、工夫が必要になります。物撮りよりも、モデルを使った人物写真の方が売れる傾向にあります。

まとめ

今回は土日限定のフォトグラファー案件をご紹介しました。撮影対象は人物が中心となりますので、撮影技術の他に、ある程度のコミニュケーション能力も求められる仕事だと言えます。別の機会で、それぞれの仕事内容を深堀した記事も書きたいと思います。

-副業フォトグラファーへの道

執筆者:

関連記事

【連載 17回目】副業フォトグラファーへの道「ストックフォトの始め方③ 人物モデル撮影の基本」

今回もストックフォト初心者向けに、人物モデルの撮影で基本的なことを話していきます。 目次ストックフォトの始め方③ 人物モデル撮影の基本モデルリリースモデルさんの探し方スタジオ撮影ポーズの指示出しまとめ …

【連載 10回目】副業フォトグラファーへの道「ブックの作り方」

今回はブック(作品)の作り方について説明します。 目次ブックの作り方ブックとは何か副業フォトグラファーとブックブックに載せる写真作品の撮り方まとめ ブックの作り方 ブックとは何か そもそもブックとは何 …

【連載 2回目】副業フォトグラファーへの道「現場で求められる撮影技術」

副業であってもフォトグラファーの仕事では、撮影技術でプロの水準を求められます。しかし、仕事のジャンルによっては、研修期間を設けていたり、応募時点ではプロの水準に至っていなくても可とする発注者もいたりし …

【連載 1回目】副業フォトグラファーへの道「機材は何が必要か」

今回は副業でフォトグラファーの仕事をするために、必要な機材が何かについて説明します。 目次機材は何が必要かどの仕事でも共通する機材一眼デジタルカメラレンズ外付けストロボカメラバックその他備品まとめ 機 …

【連載 4回目】副業フォトグラファーへの道「副業は会社にバレないのか」

最近では副業を認める会社が増えてきました。しかし、本業への影響を考慮して、副業を禁止とする会社も少なくありません。今回は、私の経験から副業がバレるのかどうかについて書きたいと思います。 目次副業は会社 …