【連載 15回目】副業フォトグラファーへの道「ストックフォトの始め方① 事前準備」

副業フォトグラファーへの道
今回は副業としてストックフォトを開始するために、事前に準備することを書きたいと思います。

ストックフォトの始め方① 事前準備

クリエイター登録

ストックフォトを開始する為には、ストックフォトサービスを提供しているサイトに、クリエイターとして登録するところから始まります。副業として登録できる代表的なストックフォトサービスの会社は下記です。

・PIXTA(ピクスタ)
・fotolia(フォトリア)
・photolibrary(フォトライブラリー)

ストックフォトサービスの会社によって、販売価格やロイヤリティーなどの設定金額が異なります。販売形態も様々で、他のサイトでは販売できない独占契約を結べるサイトもあれば、非独占的な契約で他サイトでも販売を可とする契約もあります。ストックフォトサービスの会社は、自身の意向に沿っているかを判断基準にすると良いと思います。

写真の審査

ストックフォトのクリエイター登録を終えると、販売したい写真をアップロードできるようになります。写真のアップロード時に審査があります。ピントの甘い写真などは、審査NGとなり登録できない場合があります。NG理由になる要因は複数ありますが、よくあるNG例は下記のような理由です。

・ピントが甘い
・ゴミが写っている
・画像が粗い

動く被写体や絞りの浅い写真を撮るとピントが甘くなりがちです。写真の主題となる被写体については、PCモニターなどの大きい画面で見ても、ピントが合っていることを確認しましょう。また、画像編集ソフトで補正をする写真も、やり方によっては画像を粗くする原因になりますので注意しましょう。

審査合格

アップロードした写真の審査に合格すると写真を販売できるようになります。売上報酬は銀行振込になることが多いです。事前に銀行口座を登録しておきましょう。

まとめ

ストックフォトを開始する為には、ストックフォトサービスを提供している会社にクリエイター登録をする必要があります。登録後は、写真のアップロードになりますので、審査をクリアできるクオリティの写真を準備しましょう。何十枚も写真をアップロードすれば、誰でも審査NGになる可能性はあります。審査NGになったら必ずその理由を確認して、次回は同じ指摘をもらわないようにすれば、写真のクオリティも上がります。
タイトルとURLをコピーしました