【カメラレビュー】Sony α7 III (ILCE-7M3)をプロがレビュー

カメラレビュー

ソニー フルサイズミラーレス一眼のα7 IIIをブライダルカメラマンの視点でレビューします。この記事を読んで頂くと、結婚式撮影におけるプロカメラマンの評価結果を知ることができます。

Sony α7 IIIの価格をAmazonで確認する

Sony α7 III (ILCE-7M3)をプロがレビュー

基本的な性能

・最大710枚(LCDモニター使用時)撮影可能
Sony α7 IIIは、連続撮影枚数が最大で710枚です。他社のミラーレス一眼の中級機よりも枚数が多く、結婚式スナップの撮影でも十分な枚数となります。

・重量650g
ボディの軽さがミラーレス一眼レフの利点です。ミラーレス一眼レフの中では重量がありますが、普通の一眼レフカメラと比較すると軽量です。一日中、新郎新婦と行動を共にするブライダルカメラマンには嬉しい軽さです。

・瞳AF
Sony α7 IIIは、高性能に加えて瞳AFが使える点が売れている理由です。瞳AFの評判はブライダルカメラマンの中でも高いです。結婚式撮影では、新郎新婦の目線を貰うシーンが多いのですが、ピントが外れてしまうとクレームにも発展する可能性があります。瞳AFの精度はかなり高いので、この機能のためにSony α7 IIIを購入する価値があると思います。

・有効画素数2420万画素
画素数は2420万画素です。結婚式撮影はスナップ中心なので、2000万画素以上あれば十分です。画素数でもブライダルカメラマンの要求を満たしていると言えます。

・防塵および防滴機能
防塵および防滴機能はプロカメラマンが使用するカメラには必須です。結婚式撮影においても、屋外で撮影する機会が多々あります。天候が不十分でも、屋外で取らないといけないこともありますので、防塵および防滴機能があると心強いです。

Sony α7 IIIの良い点

Sony α7 IIIに乗り換えるブライダルカメラマンが多く、結婚式会場で見かける機会が多くなりました。プロカメラマンに評価されるポイントは下記だと考えます。

・瞳AFの精度が高い
・ミラーレス一眼レフなので軽量
・連続撮影枚数が700枚と仕事で使用できるレベル

上記のように、ピントの精度がシビアに求められる結婚式撮影において、瞳AFのピント精度はとても有効です。また、ミラーレス一眼レフが軽量であるため、機動力も高く長時間の撮影でも苦になりません。

Sony α7 IIIの悪い点

Sony α7 IIIは、プロカメラマンから評価の高いミラーレス一眼レフカメラであり、あまり欠点が見つかりません。結婚式撮影という点からすると、年配の方から見ると、ミラーレス一眼レフは安っぽく見られることがあります。ミラーレス一眼レフカメラよりも、デジタル一眼レフカメラのフラッグシップ機を持っている方が、優秀なカメラマンだと見る方もいます。

新郎新婦の年代だと、ミラーレス一眼レフカメラかどうかを気にする方は少ないです。新郎新婦の親御さんや親族が年配のカメラ好きの方だと、気にされる方もいるという程度です。

まとめ

Sony α7 IIIおよび、ミラーレス一眼レフカメラは、将来的にブライダルカメラマンの間で主流になると思われます。現行のモデルで、結婚式撮影で問題なく使用できるのは、Sony α7 IIIなのではないかと思います。私も早く買い換えたいです。

Sony α7 IIIの価格をAmazonで確認する

タイトルとURLをコピーしました